ズレてる? So What? 

ついに怪しい中国産のマスクを
開けるときが来た.
ひとつも読めない文字,
つぶれそうなパッケージ.
ピーク時から外れてはいたものの
それでも割高であった.
いつ手に入るかわからず,
しかも50枚入りということで
手を出したが,今となっては,
余裕でマスクが買える

箱の中には一応,「品質保証」のような
証明書が入っている.
どうやら規格サイズは合っているらしい.
顔に着けてみる.

うん?

違和感をすぐに覚えた.
マスクが右寄りになるのだ.
外して確かめてみると,
耳にかける輪の大きさが違う.

別のものをつけてみる,

「パチン!」

切れた.

もう1枚.
今度は左に寄る.

品質よりも量産を優先したことが
明らかにわかる.
とにかく人を集めて,
そこそこの説明で作らせたんだろう.
どうせ海外に行くし,
今なら高く売れるし.

とにかく作れ!

中国らしい
状況が目に浮かぶ.

仕方なく,そのまま右寄りの
マスクをつけ家を出た.

暑い,息苦しい.

6月に入り,本格的な満員電車に.
ここのソーシャルディスタンスは
0.02 mだ.

汗ばみながら会社に着く.
すぐに卓上ファンを回し冷却.
そのまま就業時間中も回し続け,
鼻はマスクから出した.
時より人が来るので,
その時は止むを得ず正装した.
できればマスクより,
フェイスガードを推奨してほしい.
両脇にもアクリルのコンパートメントを
設置してほしい.

とにかく,マスクを外させてほしい

「衛生委員会です!
 居室のCO2濃度を
 測りに来ました」

突然階下の社員数名が
入ってきた.

我々は,彼らの発した言葉を聞き失笑した.

「部屋のCO2濃度で倒れる前に,
 マスクで倒れるわ.
 おそろしく高濃度のCO2になっとる.」

昼休み
夏用マスクをスマホで注文した.

明日は左寄りのマスクをしてるんだろうな.



プロフィール

OJAL

Author:OJAL
日々消えゆく記憶を書き留める。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
現在の閲覧者数: